AQUOSsense4の情報

シャープが2019年に販売したAQUOSsense3は1年間に300万台、8か月連続でアンドロイドの売り上げ1位をキープしてました。

そのAQUOSsense3の後継機ということで注目している人も多いかと思います。

まさにコスパ機

とにかく安いだけでいいならほかの機種もありますが、普段使いに不満なくまだ4G回線で長く使うのなら、AQUOSsense4もいい選択になりそうです。

しかも、ドコモの新商品発表会の商品の中では4G対応のスマホはAQUOS sense4 SH-41Aだけなので、5Gのエリアが来てないのに5Gの料金プランで携帯代が上がるのが嫌な人は料金プランを4Gのままにしておくために4G対応の機種を選ぶ必要があります。そんな人の選択肢としても注目を集めそうです。

シャープのAQUOSシリーズのラインナップとしては、画面が大きくなった「AQUOSsense4plus」(今回はSoCはセンス4と同じもの)

発売は2021年春の予定の5Gに対応した「AQUOSsense5G SH-53A」
ハイスペックモデルだったZEROの廉価版5Gの「AQUOS zero5G basic」
シムフリー版についてはまだ情報がないので期待したいところです。

ということでAQUOSsense4のデータについてまとめました。

取り扱いキャリアは?

2020年11月9日現在取り扱いを発表しているキャリアは

・docomo
・楽天モバイル

の2社です。

楽天モバイルについてはAQUOS sense4 lite です。

auとSoftbankについてですが今のところ発取り扱いの発表はありません。
ただ、シャープの製品紹介ページではauとSoftbankそれぞれのAQUOS ZERO 5G basic の機種が記載されてました。

AQUOSsense3でまとめた記事「AQUOSsense3の購入先と比較」を見てもらえるとわかるように、sense3は格安スマホの通信会社であるYモバイル、UQモバイル、OCN モバイルなど複数社が取り扱いしていたので、今回も取り扱いのキャリアは増えるのではないでしょうか。

アクオスセンス4 auは?

auについて一つ気になる点があり、家電量販店の携帯コーナーに行った時に、auのコーナーに「auの新作スマホはすべて5G」と書かれていました。

その時に発表した機種だけの話なのか、4G機種をもう取り扱わないのか…気になる所です。

価格は手が出しやすい3万台

コスパ機なので重要な価格についてです。

・docomoではAQUOSsense4 SH-41は37,200円

楽天モバイルではAQUOSsense4liteを11月中の販売を発表してますが、liteなのでスペック、価格ともにもう少し落ちるのではないかと予測できます。

アクオスセンス4 simフリー

simフリー版についてはまだ情報がありませんでした。貴重な4G回線機種なので早く出てほしいですね。

AQUOSsense4のスペックについて

AQUOSsense4のスペックについて表にまとめました。
シャープの公式サイトのスペック表は情報量が多いので一般的なユーザーが欲しいものに抜粋しています。

ブランド名AQUOSsense4
サイズと重量約148mm×約71mm×約8.9mm約177g
OSAndroid™ 10
CPUQualcomm® Snapdragon™ 720G Mobile Platform 2.3GHz+1.8GHz オクタコア
内蔵メモリROM 64GB UFS 2.1/RAM 4GB LPDDR4X
外部メモリ*3microSDXCカード(最大1TB)
バッテリー容量4,570mAh(内蔵電池)
ディスプレイ約5.8インチIGZOディスプレイフルHD+ (1,080 × 2,280)
リッチカラーテクノロジーモバイル アウトドアビューのぞき見ブロック(ベールビュー)
リラックスビュー
対応サービススグ電/スグアプ:〇/〇
ワンセグ/フルセグ:-/-
おサイフケータイ
[Felica/NFC(Felica搭載):-/〇
標準カメラ有効画素数 約1,200万画素 CMOSF値 2.0[広角83°焦点距離24mm相当(35mmフィルム換算値)]電子式手ブレ補正
広角カメラ有効画素数 約1,200万画素 CMOSF値 2.4[広角121°焦点距離18mm相当(35mmフィルム換算値)]電子式手ブレ補正
望遠カメラ有効画素数約800万画素 CMOSF値 2.4[広角45°焦点距離53mm相当(35mmフィルム換算値)]光学2倍電子式手ブレ補正
インカメラ有効画素数約800万画素 CMOSF値 2.0[広角78°焦点距離26mm相当(35mmフィルム換算値)]
防水 防塵IPX5/8 IP6X
MIL規格IPX5/IPX8/IP6X/MIL-STD-810H準拠・ 耐衝撃(落下)など全19項目*15
便利機能UI指紋センサー(ジェスチャー操作/Payトリガー)
かんたんモード(快適のための機能を集約)インテリジェントチャージ(電池に負担の少ない充電)など
生体認証顔認証、指紋認証

sense3に比べて特質すべき点としては
・画面の大きさが少し大きくなっていること(評価は人によりますね、管理人は小さい派)
・バッテリー容量の向上
・カメラが3眼(望遠カメラが追加されたのでズーム機能が強化)
・スマホのCPUであるSoCは「snapdragon 720G」を掲載

SoCについては、sense3がsnapdragon630で普段使いに問題ない程度なので、今回も普段使いに十分のスペックと言えそうです。

カラーバリエーションも多く、背面もアルミボディなのでケースに入れないで使うのもいいですね。




AQUOSsense4 キャンペーン

ドコモのAQUOSsense4 SH-41A を2020年11月6日~2020年11月30日に購入して応募すると抽選で1000名に10,000ポイントがプレゼントされます。

対象期間に買った人は忘れずに応募しておきましょう。

新商品のAQUOSsense4(5.8インチ)が出たことで、画面サイズが少し小さい5.5インチのAQUOSsense3が安くなる可能性も高くなりました。

AQUOSsense3をお得にゲットしたい人はこちらのページの先の販売先のチェックも定期的に行うのをお勧めします。AQUOSsense3の購入先